[2020年] Sony a6400を買うべき5つの理由。 | Graphix
スポンサーリンク

[2020年] Sony a6400を買うべき5つの理由。

Products
  • YouTubeを始めたい
  • 写真や動画撮影をしたい
  • なるべく安いミラーレス一眼カメラが欲しい

そんな方に、Sony a6400がぴったりなんです!

この記事ではSony a6400を今買うべき5つの理由を私の使用経験に基づき紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

始めに

Sony a6400は2019年の2月に発売されたAPS-Cミラーレス一眼レフカメラです!

Sony a6400はSony 6500とa6600の中間機種と言われていて、瞳オートフォーカスや秒間11連写などの機能を備えています。

そんな強力なカメラが2020年現在、ボディのみで10万円以下で購入でき、レンズキットも13万円ほどで手に入ってしまうんです!

《新品》 SONY (ソニー) α6400 ボディ ILCE-6400 ブラック【¥10,000-キャッシュバック対象】 [ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ]【KK9N0D18P】

価格:108,781円
(2020/7/6 15:52時点)
感想(2件)

Sony a6400をオススメする5つの理由

理由1:底定格で手に入るミラーレス一眼

先ほども説明した通り、Sony a6400は信じられないくらい安いんです!

他社の型落ちしているカメラで10万円程のカメラはあるのですが、やはりSony a6400は他と比べてもずば抜けたスペックです。

写真撮影時の瞳オートフォーカスのスピードや、S-log撮影はやはりSonyの強みだと思います。

私もSony a6400の購入前にFujifilm XH-1を買おうか迷ったのですが、やはりフォーカスのスピードでSony a6400を購入しました。

理由2:他社レンズとの相性の良さ

Sony a6400を購入する際に、ボディのみ、ダブルズームレンズキット、高倍率ズームレンズキットの3種類が選べるのですが、より本格的になってくるとキットレンズだけでは満足できなくなってくると思います。

実際に沢山のYouTuberが勧めているのが、Sony a6400にSigma 16mm f1.4のレンズを付けたセットです。

SigmaのレンズはもちろんSony純正ではないのですが、それでもSony a6400との相性が抜群なんです。

単焦点の16mmで自分を写したvlogを撮りたいYouTuberや風景を撮りたい方にはピッタリですし、F値が1.4まで下げられることで背景を物凄くぼかすことが出来るんです!

実際にSony a6400とSigma 16mm f1.4のレンズを使って撮った写真がこちら、

紫陽花の花びらに綺麗にピントが合っていて、背景も物凄くボケた写真が撮れました。

F値について知りたい方はこちら↓

他社レンズとの相性の良さもSony a6400の一つの強みだと思っています。

やはりソニーのカメラは購入する方も多いため、他社のレンズもなるべく相性の良いレンズを作り、買ってもらおうとしています。

Sigmaのレンズの他にもTamronが発売しているレンズも物凄く相性が良いので、カメラ購入前に今後自分が使いたいレンズとの相性をチェックしておく事も大事です。

理由3:動画撮影機能が完璧

私がSony a6400を購入した一番の理由は動画撮影機能の素晴らしさです。

Sony a6400では4K 30fpsの動画撮影もでき、HD 120fpsのスローモーション撮影も出来ます。

APS-Cミラーレスということもあり物凄く軽量なのに、ここまでの性能が備わっていることに驚きでした。

ネットではよく20万円を軽く超えるSony a7IIIと動画性能の比較をされていますが、良く見なければわからないほど微かな違いしかありませんでした。

もちろんフルサイズミラーレスカメラの方が取り込む光が多いのでより肉眼に近い映像が撮れますが、両方並べられて初めて違いが分かるほどだったので、私は全然Sony a6400で十分だと思いました。

S-log撮影にも対応しているので後からカラーグレーディングも出来ますし、初心者からプロの方まで使える十分な機能が備わっています

理由4:自撮り確認用ディスプレイ

YouTuberの方で、カメラを自分に向けながら自分がどう写っているか確認したい人が多いと思います。

Sony a6400のスクリーンは180度フリップして画面を自分に向けることが出来るので自撮り撮影をしたい人にはピッタリです。

Sonyのカメラのシリーズでも、a6000~6600シリーズが自撮り撮影に適していて、その中でも6400が一番動画撮影と写真撮影においてバランスよく作られています。

Sony a6600にはボディ内手振れ補正が付いているのですが、a6400との比較映像を見たのですがそこまで違いはなく、それだけのために5万円ほど払うのはもったいないと思いました。

ボディ内手振れ補正だけではどうしてもブレてしまうので、本気でブレない様にしたい方は3万円ほどのスタビライザーを購入することをお勧めします。

私が使っているのはDJI Ronin SCと言うスタビライザーで、4万円ほどで購入できました。

【送料無料】DJI Ronin-SC 一眼 ミラーレス用ジンバル スタビライザー【新品・正規品】


感想(0件)

スタビライザーがあれば今後他のカメラを買ってもブレる心配はありませんし、ボディ内手ぶれ補正がなくても問題なく撮影できます

理由5:本体の軽さ

Sony a6400はAPS-C カメラなのでフルサイズよりもミラー部分が小さく作られています。

そのため取り込める光の量は減ってしまいますが、その代わりに物凄く本体が軽いです。

フルサイズミラーレス一眼のSony a7IIIの本体は650gです。

それに比べSony a6400のボディは400gです。

さらに、APS-C用のレンズはフルサイズ用のレンズより格段に軽いため、レンズを取り付けた状態でも物凄く軽いです。

長時間カメラを持ちながら撮影する人は、やはり軽いカメラの方が楽だと思います。

さらにスタビライザーなどの機材を使う場合は尚更軽くないと大変です。

最後に

今回の記事では私がSony a6400をオススメする5つの理由を紹介させて頂きました。

個人的に動画撮影機能に物凄く満足していますし、やはり低価格でこれほどの機能が備わったカメラが買えることに今でも驚きを隠せません。

これからYouTubeを始めようとしている方や、動画、写真撮影がしたい方は一度チェックして見てください!

《新品》 SONY (ソニー) α6400 ボディ ILCE-6400 ブラック【¥10,000-キャッシュバック対象】 [ ミラーレス一眼カメラ | デジタル一眼カメラ | デジタルカメラ ]【KK9N0D18P】

価格:108,781円
(2020/7/6 15:52時点)
感想(2件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました