かっこいい映像を撮るためのiPhoneカメラ設定 | Graphix
スポンサーリンク

かっこいい映像を撮るためのiPhoneカメラ設定

iPhone

写真や動画撮影のために一眼レフが欲しいけど、高くて手が出せない。

そんな悩みをお持ちの方は沢山いると思います。

テクノロジーが日々進化している現代の日本社会でおそらく多くの人が身近に持っていて、日々使っているのがスマートフォンですよね。

なかでも、Apple製のiPhoneシリーズは全世界でも驚異的な売り上げを記録しています。

そんな身近なデバイスの設定を少しいじるだけでまるで一眼レフで撮ったような映像を撮ることが可能となります!

この記事では、iPhoneで撮影した映像のクオリティを格段に上げる方法を紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneで設定できる機能別解説

グリッド

グリッドは動画を撮るときでも写真を撮るときでも欠かせない設定です!

グリッドで画面を3分割にすることで被写体をどこにおけばバランスがもっともよくなるかを調整できます。

これを使えば3分割法という法則を活用することも出来るんです!

3分割法とは? 下記のリンクをクリック。

ビデオ撮影

ビデオ撮影の設定を1080p/60fpsに変えることで素人目でもわかるくらい映像がより滑らかになります。

さらに、撮影した動画を編集したいという方には、編集する際にスローモーションにできる幅が30fpsの時に比べ、倍に増えます。

30fpsで撮った動画を60fpsと同じくらいスピードを下げようとすると、フレーム数が足りないため映像がカクカクしてしまいます。

そのため、シンプルに「いい映像を撮りたい!」、または「映像をかっこよく編集したい!」という方にはできるだけ高いフレームレート(fps)での撮影がおすすめです。

さっきから出て来ているシャッタースピードやフレームレートって何?って思った方はこちらの記事をチェックして見て下さい。

スローモーション撮影

スローモーション撮影の設定を1080p/240fpsにすることで120fpsで撮った時と比べてより滑らかに速度を落とすことが可能となります

これもまたビデオ撮影の設定でfpsをあげたほうがよりいい映像が撮れるのと同じ理由です。

スマートHDR

HDRとはハイ・ダイナミック・レンジの略です。

簡潔に言うと白飛びと黒潰れをできるだけしないようにするための機能です。

例えば前景に山があり、背景に太陽がある景色を思い浮かべてください。

前景の山にピントを合わせると後ろの太陽が白飛びし(真っ白になること)、背景の太陽にピントを合わせると前景の山が黒潰れ(真っ黒になること)します。

簡単に言うと、HDRをオンにすることでバランスよくコントラストを表現することができます。

iPhoneおすすめ設定

  1. 設定アプリを開く

2. 下にスクロールし、カメラのタブを開く

3. まずはグリッドをオンにしましょう

4. 次に、ビデオ撮影のタブを開き、1080p HD/60fpsを選択してください。

*高スペックのパソコンで編集する場合は4K/60 fpsでもOK!

5. 一つ戻って、今度はスローモーション撮影のタブを開き、1080p HD/240fpsを選択してください。

6. 最後に、一番下のスマートHDRをオンにしましょう

7. これで準備は完了。早速撮影に出発!

コメント

タイトルとURLをコピーしました