一気にレベルアップ!今から使える構図紹介、入門編! | Graphix
スポンサーリンク

一気にレベルアップ!今から使える構図紹介、入門編!

Technique

写真や映像を撮る上で多くの撮影者が気にすることの一つが構図です。理由は単純に、特定の構図を意識することによって今までとは違った印象の写真や映像が撮れるようになるからです。この記事は主にカメラを買って間もない初心者の方々に向けられていますが、この記事で紹介する構図はプロのカメラマンでも使用するようなものです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三分割法

三分割法は写真を縦に三分割、横に三分割する方法で知ってる人も多いと思います。この構図では線を引いた時に重なる点に被写体を置くような構図です。

三分割法

他にも横、もしくは縦の線に沿って風景を置くようなこともできます。

このように三分割法を活用することによってこの方法だけでも様々な構図の写真が撮れるようになります!

二分割構図(シンメトリー)

二分割構図は三分割法よりもシンプルな構図です。写真を縦か横に半分に割るような構図にすることでできるものです。これはシンプルで簡単ですが、意外と使いどころによっては効果的なので是非使ってみてください!

日の丸構図

日の丸構図はその名の通り日本の国旗の日の丸のような構図です。被写体をど真ん中におく構図です。

このように被写体がおおよそ真ん中に来るように配置することで被写体をより強調することができます!

アルファベット構図

アルファベット構図は文字通りアルファベット、S字やC字の形になぞって構図をとっています。S字構図でよく見られる例が道路などを使った構図です。

逆S字

S字構図を使用すると、どこまでも続く道のようなイメージを伝えやすくなりますし、写真によっては緩急をつけることが可能となります。

トンネル構図

トンネル構図は建物や自然にあるものなどを使用しフレームを作ることによって被写体をトンネルの奥に配置するような構図にすることができます。

建物を使ったトンネル構図

このように建造物などを使いフレームを作って撮ることによって一風変わった印象を与えることができます。

このように植物などを使ってフレームもといトンネルを作ることで前景をぼかして被写体をより強調することができます!

放射線構図

放射線構図奥行きを持たせるような配置を意識することでできます。写真の中の一点から景色が広がっていくような構図を遠近法を駆使して撮影することで躍動感も表します!

このように写真に奥行きを持たせることが可能ですし、よりインパクトのある写真を撮影することが可能となります!

最後に

今回は基礎的な構図を6つほど紹介しましたが、これ以外にも様々な構図があります!

是非これらの構図を実際に意識して写真をとってみてください。今回は入門編のため知っている構図も多いかもしれませんが、再度意識して撮ってみるとシンプルであるため意外と良い写真が撮れると思います!

撮影してる際にどのように被写体をはっきりと引き立たせることができるかなどを考えた方が見ている人たちは見やすいですし、伝えたいことがよりクリアに伝わると思います。そのためには様々な構図を知っておくことが大事になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました