Canon EOS R6 が凄い! | Graphix
スポンサーリンク

Canon EOS R6 が凄い!

Products

2020年の8月に発売予定のCanon EOS R6ですが、一緒に発表されたCanon EOS R5に注目が集まっていて少し霞んでいますね。

しかし、そんな状況だからこそ今回はEOS R6の性能について解説していきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

始めに

性能だけで比べると、EOS R6はEOS Rと EOS R5の中間機種のようなイメージですね。

今話題のEOS R5は8K RAWや4K 120pで撮影できるため注目されていますが、50万円近くするなかなか手が出せないカメラですよね。

それに比べ、EOS R6は約30万円というもう少しお手頃なカメラです。それでも高いですけど…

では早速EOS R6の性能を詳しくみていきましょう!

EOS R6のここがスゴイ!

その1:解像度・画質

Canon EOS R6は4K 60pや、10bitでの撮影が可能です。

この二つの性能は、人気のカメラ、Sony a7iiiよりも優れています。

10bitでの撮影が可能ということは、映像の情報量が増えるため、カラグレの幅が広がりますね。

このカメラはEOS R5のように8Kでの撮影はできませんが、実際8K撮影をする機会なんてほぼないと思うので、正直4K 60pで十分だと思います。

また、8K RAWのデータを扱えるパソコンを持っている人自体少ないと思います。

現在4Kで撮影できるカメラは様々なメーカーから発売されていますが、60フレームで撮影できる機種はかなり少ないです。

そのため、24fpsで映像を書き出す場合は映像の速度を40%まで下げれる4K 60pでの撮影はすごく魅力的です!

その2:手ブレ補正

Canon EOS R6はCanon EOS R5にも採用されている世界最高8.0段の手ブレ補正機能が採用されています。

そのため、普通の撮影をする際には、今までみたいにスタビライザーを使う必要がないかもしれません。

このカメラ一台で安定した映像を撮影できるので、旅に持っていくのに最適なカメラだと思います。

海外の有名なフォトグラファー兼ビデオグラファーのピーター・マッキンノンさんのレビュー動画を見ていただくと、この手ブレ補正性能の素晴らしさが分かると思います。

その3:オートフォーカス性能

Canon EOS R6はデュアルピクセルCMOS AF IIを採用しているため、今までより早く、高精度のオートフォーカスが可能となりました。

また、自動選択時のエリア分割数が従来は最大143分割だったのに対し、この最新のオートフォーカスでは最大1053分割になりました。

これにより、オートフォーカスの速度と精度が良くなり、被写体検出性能や追従性が向上しました。

EOS R5 とEOS R6 どっちがおすすめ?

性能だけでみたらもちろんEOS R5の方がすごいカメラですが、採用されている手ブレ補正のシステムやオートフォーカスの性能はEOS R6と全く一緒です。

そのため、8Kでの写真撮影や8K rawと4K 120pでの動画撮影が必要ない方にはEOS R6をおすすめします。

10万円以上の値段の差を考えますと、EOS R6をおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました