映像初心者向けフレームレート解説 | Graphix
スポンサーリンク

映像初心者向けフレームレート解説

Camera Settings
スポンサーリンク
スポンサーリンク

fpsって何?

動画を撮ろうとした人なら誰しもがfpsという文字をみたことがあると思いますが、fpsとはframes per second の略で、フレーム数/秒の意味です。つまり一秒間の映像が何枚の写真(フレーム)によって構成されているかということです。

動画の設定などで24fpsや60fpsをみたことがあると思いますが、一秒あたりの映像の写真の枚数が増えるということなのでこの数字が高ければ高いほど映像はより滑らかに流れます

主なfpsは24fps、30fps、60fpsとあります

24fps映画などで使われており、味のある映像が撮れます
30fpsテレビなどで使われているため、見やすい映像が撮れます
60fpsスポーツ撮影などにも使われており、滑らかで綺麗な映像が撮れます

映像制作を始める方で本格的に編集とかもしたいという方は出来るだけ高いフレームレートで動画を撮ったほうがあとで自分のためになります。

家に帰って編集する際、動画のフレームレートが高いとスピード調節、正確にはスローモーションがより幅広く行えます。

映像をスローにする時にフレームレートが低いとフレーム数が足りなくなり映像がカクカクなってしまいますので、もしスローにしたいのであれば出来るだけ高いフレームレートで撮影することをおすすめします!

しかしフレームレートが高くなればなるほど、容量が大きくなるので、ちゃんとSDカードに空きがあるかを確認してから撮影してください。

最後に、映像を書き出す際に業界で一番よく使用されているのが24fpsです。そのため、あなたがこの先書き出す映像も基本的に24fpsになると思います。120fpsや240fpsのように、かなり高いフレームレートで撮影することによって、映像の速度を1/5や1/10まで遅くすることが可能です。ですので、シネマティックな雰囲気を演出したい場合は120fpsで撮影し、編集時に速度を1/5に落とすことをおすすめします。

まとめ

フレームレートとは一秒あたりの映像が何枚の写真によって構成されているかを指す。

フレームレートが高ければ高いほど滑らかな映像が撮れる。

フレームレートが高ければ高いほど映像をスローにできる。

高いフレームレートで撮るとその分データ容量が大きい。

業界で映像を書き出す際によく使われるフレームレートは24fps。

コメント

タイトルとURLをコピーしました