マクロ写真に挑戦したい人におすすめ!驚愕の100円レンズ!? | Graphix
スポンサーリンク

マクロ写真に挑戦したい人におすすめ!驚愕の100円レンズ!?

iPhone

Can Doで購入できる100円のiPhoneレンズはご存知ですか?

近年、iPhoneのカメラ性能の向上に伴い、iPhoneで写真や動画を撮る方がかなり増えてきています。

今回は、そんな方のために、たったの100円で普段撮れないような写真を撮れるようになるレンズをご紹介いたします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

100円レンズの何がすごいの?

Can Doでは魚眼とマクロ&広角の二種類のiPhone用レンズが販売されています。

この記事では、マクロ&広角レンズについて話していきます。

一般的な一眼レフ用のマクロや広角レンズは数万円しますが、このレンズを使うだけで、iPhoneでも一味違った写真を撮ることが可能となります。

では、レンズの機能を見ていきましょう。

マクロレンズとは?

そもそもマクロレンズとはどのようなレンズなのでしょうか?

マクロレンズは、接写レンズとも呼ばれており、近くの被写体を写す際に使用されます。

小さい物だったり植物を撮影する際に使われることが多いです。

実際にマクロレンズで撮った写真を見てみましょう。

どんな写真が撮れるの?(マクロ)

以下の2枚の写真はiPhone11 (Proじゃない方)に100円レンズを装着して撮った写真です。

本来この近さで何かを撮ろうとした場合、焦点距離が合わず、綺麗に撮影できないことが多いと思います。

しかし、マクロレンズを使用することで、被写体に近づいての撮影が可能です。

初見だと、とてもiPhoneで撮った写真とは思わないですよね?

このように、被写体を細部まで写したい場合は、最高のレンズです!

この商品には、マクロに加えて広角で撮影できるレンズもついてきます。

どんな写真が撮れるの?(広角)

以下の2枚の写真はiPhone11 (Proじゃない方)に100円レンズを装着して撮った写真です。

広角レンズを使用するとiPhoneの本来のレンズで撮影するより広く撮影することが可能です。

しかし、見て分かる通り、画像が全体的にぼやけてしまい、写真の縁がかなり歪んでしまっています。

広角レンズを使用すると、画質がかなり落ちてしまいますし、iPhoneのレンズは十分広角なのでこのレンズの使用頻度はかなり低くなると思います。

最後に

今回は、Can Doで買える100のマクロ&広角レンズを紹介しました!

正直100円払うだけで、iPhoneでここまで綺麗に接写ができることは驚きました。

広角レンズは少し残念ですが、マクロレンズの性能は素晴らしいので、是非購入してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました